四条通(しじょうどおり)は平安京の四条大路にあたる。東は祇園の東大路通、八坂神社の石段下から、西は松尾大社まで。祇園から四条烏丸、四条河原町交差点を中心に京都最大の繁華街を形成している。四条室町が鉾の辻と呼ばれて下京の中心と見なされるなど、古くから主要な通りとして京都の東西の中心軸。通行量が多いため、度々渋滞が発生する。