御池通(おいけどおり)は平安京の三条坊門小路にあたる。御池通の名は江戸時代初期に成立した。東は川端通から西は太秦の天神川通までの4.9kmであるが、途中二条駅前で行き止まりとなり、一筋北に通りがずれている。現在は、京都市の中心に位置し、川端通 - 堀川通間は京都市内で最も通りの幅が広く、京都市はビジネスの中心部とし、川端通から堀川通までをシンボルロードとして整備。また、祇園祭では山鉾巡行ルートとされ多くの人で賑わいを見せる。