丸太町通(まるたまちどおり)は平安京の春日小路に当たり、現在の京都御所(京都御苑)の南端を走る。この通り沿いの西堀川に材木商が多かったため、この名がついたといわれている。江戸時代の地図を見ると「丸田町通」と表記されている時も。