河原町通(かわらまちどおり)は京都市の南北の主要な通りのひとつ。平安京の域外にあり、豊臣秀吉の御土居の東の外をほぼ沿うように走っており、江戸時代初期に市街地が鴨川まで拡大された際に開通したと見られる。鴨川と並行して作られているため河原町十条以降は通がカーブしている。祇園祭では、鉾の巡行のメイン通りとなり、商業ビルも立ち並ぶため、年間を通して多くの人が行き交う賑やかな通となっている。