pontocho01
pontocho02

先斗町通(ぽんとちょうどおり)は京都市の南北の通りの一つ。京都市中京区に位置し、鴨川と木屋町通の間にある花街及び歓楽街である。「町」と付くが地名としての先斗町はない。もともとは鴨川の州で、江戸時代初期に護岸工事で埋立てられ、新河原町通と呼ばれていた。 繁華街としては茶屋、旅籠などが置かれたのが始まりで、芸妓、娼妓が居住するようになり、何度も取り締りを受けたが、川端二条にあった『二条新地』の出稼ぎ地として認められ、明治初期に独立し、先斗町は花街としての花を開かせる。