nishinotoin01
nishinotoin02

西洞院通(にしのとういんどおり)は、平安京の西洞院大路(にしのとういんおおじ)にあたり京都市の南北の通りの一つ。平安京においては幅24mの大きな路であった。沿道の建物が建て替えられるたびに道幅が狭められ、現在のような狭い道となった過程が明らかになる。北は武者小路通から南は十条通。途中、京都駅で中断。昔川が流れていたので道に高低差がある。柳の水という名水が湧き出ている。