higashinotoin01
higashinotoin02

東洞院通(ひがしのとういんどおり)は京都市の南北の通りの一つ。 京都駅を挟んで南側の延長線上に竹田街道がある。洞院とは上皇・法皇の居所を意味し、平安時代には通り沿いに多くの院がある広い道だった。江戸時代入り竹田街道に通じる幹線道路となり、混雑が激しいことから享保年間には北行き一方通行の規制が行なわれ、一方通行の規制が敷かれた日本でもっとも古い道といわれている。