aburanokoji01
aburanokoji02

油小路通(あぶらのこうじどおり)は平安京の油小路にあたり、京都市の南北の通りの一つ。北は武殿南通から南にのびる。途中紫明通から上立売通まで中断する通り。堀川通の一筋東で北行一方通行の細い道。東海道本線をくぐるガードの北側で堀川通と合流し、南部の幹線道路となり見通しのいい通りが続く。命名の由来は定かでなく、特に油屋が多かったわけではない。